toggle
横浜市で歯周病治療に真摯に取り組み続けて22年の長島歯科クリニックは南区弘明寺町

私たちはあなたにとってのベストな歯科医院でありたい

EBMという言葉をご存知ですか?

これは、Evidence-Based Medicineの略で、医学的根拠に基づいた治療が重要であるという考え方で、先ほど申し上げた「インフォームドコンセント」もその一つといえます。

「なぜ、その治療をする必要があるのか?」
「その治療を行う医学的根拠は何か?」
を患者さんに説明を行ったうえで治療に向かうというものです。今や説明にせずに治療することは、患者さんにとっての不満要因でも上位を占めます。

しかし、しかしです。

いくら客観的根拠を示されたとしても、あなたは心から納得し、同意されるでしょうか?
もちろん、何も言われずに治療されるよりは、はるかにマシですが、あなたは心の中で
(何か良く分からないけど、先生が言われるなら・・・)
と思われませんか?

つまり、客観的根拠というのは、身体に起きた疾病に対しての客観的診査であって、疾病をもった患者さんのこころ(心理・感情)は不在なのです。

私の医院にも「前の歯科医院で色々説明を受けたんだけど、何かよく分からずに、強制されているような気がして、他の医院を探していた」という患者さんがお越しになります。
また、
「私の悩みを話したのですが、医師からは『そうではなく、(専門的には)こうなのです』と言われて、私自身が否定されたような、叱られているような気がして」
という方もおられました。

私は、あなたにとってのベストな歯科医院でありたいと思っています。どうぞ、あなたの悩みや考えをお話ください歯周病治療センター横浜では、1回1時間、3回の来院で検査、診査、診断、現状のプレゼンテーション、治療計画の提示を行います。
その間、あなたとしっかりと向き合ってお話をします。(詳しくは当院の治療システムをご覧下さい)

このとき、「今までこんなふうに詳しく話をしてもらったことはない」「本当によく状況がわかって……、こんな時間を取ってもらって申し訳ない」など、満足された患者さんの声を毎回のようにいただきます。

患者さんへの説明の様子

患者さんへの説明の様子

経済的には決して生産性の高い診療内容ではありませんが、患者さんの満足度、そして何より、それ以降の治療に対する患者さんの取り組み方への大きな効果には素晴らしいものがあります。

私たちには、あなたがあなた自身の手で歯周病を守ることができるようになれる診療システムを用意しています。
あなたが本当に今ある歯を守りたいと考えておられるなら、ぜひ歯周病治療センター横浜を訪ねてみて下さい。

歯周病治療センター横浜
長島歯科クリニック 院長 長島剛

長島剛の歯科医師としての本音⇒