toggle
横浜市で歯周病治療に真摯に取り組み続けて22年の長島歯科クリニックは南区弘明寺町
2017-09-11

定期的な歯石除去で歯は守られるのか?

歯科医院で治療が終了したときに、先生やスタッフから「それでは定期検診に半年後に来てください」と言われた経験がおありの方も多いと思います。

定期検診をお勧めする理由としては、「むし歯や歯周病を再発させないため」。または、「もし再発しても、早期発見・早期治療ができるため」といわれます。

口元とデンタルミラー

果たして本当にそうなのでしょうか?

定期検診では、家でのケアでは取れない歯石を取ってくれると言われます。歯石は、プラーク(細菌)が固まってできたもので、通常プラークから歯石になるまで2~3週間かかると言われています。

しかし、本当のところは、歯石が悪いわけではなく、プラークが悪いのです。プラークをしっかりとコントロールしておけば、問題にはならないのですが、食べ物の中の糖質(甘いもの)などからプラークが発生するまでには、なんと24時間しかかからないのです。

定期検診では間に合わない!

つまり、何が言いたいかというと…24時間以内に発生するプラークを除去するためには、定期検診では間に合わない!ということです。日々のご自身でのケアこそが、あなたの歯を守ってくれる!ということです。当センターでも、定期検診は行っていますが、どちらかというと、日々のご自身のケアがしっかりとできているかどうかのチェックがメインであって、これにさえ来ていれば問題ありませんとは言えません。
また、定期検診の時期は、一般的には6ヶ月間隔が多いようですが、患者さんによって、生活習慣も異なりますし、患者さんの性格も異なります。歯の状態だけを見て定期検診を決めることが多いですが、そうした患者さん個々の特性や癖も加味して、定期検診の期間を決めるべきではないでしょうか?

ここにも患者さん不在の治療方針があるように思えます。

歯周外科手術が必要といわれた方へ  歯周内科療法で薬を服用し続けている方へ

関連記事