特集:患者さんからともに歩んで教えてもらったこと|歯周病 横浜市|歯周病治療センター横浜

  • 第230回 自分で気づいて行動してくれれば、歯周病や虫歯は治るのです!!

    2015年3月6日UP!

第230回 自分で気づいて行動してくれれば、歯周病や虫歯は治るのです!!


(患者さんと衛生士さんのやりとりです)



赤染めについて:
 10日に1度位のペースでやっていますね
 今までと違って歯垢のコントロールがとてもしやすい。
 気になるのは下の前歯の歯と歯の間です。

フロスについて:
 毎日必ず夜やりますよ
 夜勤の時は帰りが遅く2時や3時になりますが、やっております。(笑)
 虫歯や歯周病は寝ているときになりやすいからと先生に言われたので・・・。

治療まで検査・プログラムと月日がありましたが・・・。
 検査では自分の口の中の状態が良く分かったし、
 プログラムを始めてサッパリしてとても気持ちよくなったし
 今まで何も説明がなく治療されるより安心感があった。


  • 第229回 本当に残っている歯を抜いてインプラント治療が必要なのですか?

    2015年2月27日UP!

第229回 本当に残っている歯を抜いてインプラント治療が必要なのですか?


最近の歯周病学会に出ますと、インプラント関連の話題が多いのが実情で、
しかし、患者さんの声は少しでも今ある歯を残したい気持ちがあります。



温度差があります。


ご主人の仕事を手伝うという生活習慣の変化です。


温度差を解消するにはどうすればいいか?っというと
私なら、まず残るかの患者さんの努力をお願いしますね!(^_^)!

当院で行っている予防プログラムに当たります


予防プログラムの利点
:患者さんはどこに問題な危ない場所があるか実感できる
:本当の歯の手入れの仕方が見につく。(歯の延命の仕方が分かる)
:インプラントになったとしても、インプラントの手入れが自然と分かる。


  • 第228回 今はどんなに眠くてもフロスは欠かさないですよ(^^♪

    2015年2月20日UP!

第227回 歯周病症状の改善を阻むものは?


患者さんの声


1)最初は水を飲んでも全体がしみるからよく分からなかったです。
2)これが普通なのかと思った。
3)きちんとした歯の手入れの仕方を教えてもらって(予防プログラムのこと)
  よかったし、また、治療が済んだ所はしみなくなった。(笑)
4)兄がフロスをしていないので、大丈夫なのか心配です


私:長島からのコメント


この方のように学生の時から正しい認識を持って予防プログラムを家で
実践してくれれば、将来問題は起きないでしょうね



治療した所がしみなくなったのは
虫歯がなくなっただけでなく、歯垢をきちんと家で管理しているからのです。


  • 第227回 歯周病症状の改善を阻むものは?

    2015年2月13日UP!

第227回 歯周病症状の改善を阻むものは?


歯周病の症状には代表的なものとしては

歯ぐきの腫れ、出血
咬めない
グラグラする
が思い浮かべると思いますね。


歯周病ポケットの検査データからも分かるように
予防プログラムとレーザー治療で改善方向に向かっておりましたが、
途中からおかしくなってきました。



ご主人の仕事を手伝うという生活習慣の変化です。


時間的な余裕がなくなり、家での予防プログラムの実践ができなくなったのです。
予防プログラムの実践は歯周病治療の基礎となっているので、うまくできなければ
歯ぐきが良くならないのも無理もありません。



患者さんにしっかりと認知してもらう(磨き方だけが悪いのではない事)
口だけを見ない、その人全体を診る
メンテナンスの期間を短くする


  • 第226回 本当の口臭防止になる方法とは?

    2015年2月6日UP!

第225回 「忙しくてフロスが手抜きだった」・・・と患者さん


口臭を指摘されて来院される方は最近多くなってきました。


対策として多いのは

口臭に効く歯磨き粉を使う
クリーニングで歯石をとってもらう
口臭外来に行く
歯周内科で薬をもらう


口臭は歯垢がいっぱい残るから起こる病気なので、
歯垢を取り除けばいいのです。


その基本となるのが、歯垢が容易に落とせる
⑤環境整備です。

⑤環境整備があって初めて①~④が成り立つのです。(^^)/


  • 第225回 「忙しくてフロスが手抜きだった」・・・と患者さん

    2015年1月30日UP!

第225回 「忙しくてフロスが手抜きだった」・・・と患者さん


(患者さんの声)

「疲れてくると前歯の歯ぐきが腫れぼったくなるし、血が出る。お友達と遊び呆けてフロスを疎かにしてしまったことですね。」
「血が出ることを自分の反省材料にしているのですが、3か月に一度、先生の所に来ているからいいかな?とも思ってしまう」


私:長島の反省点(患者さんにうまく浸透していない)
完全に歯科医院に依存している状況で 自分で自分の歯を守ろうとする意識が落ちているのが現状です。

定期健診に来るというのは、クリーニングに来ることがメインではなく自宅での歯垢管理が出来ているかの確認を衛生士さんにしてもらうために来院するのが本当なのです。


  • 第224回 やっぱり、歯周病を治すには時間がかかるものです

    2015年1月23日UP!

第224回 やっぱり、歯周病を治すには時間がかかるものです。


歯周病の症状には

①歯ぐきから血がでる
②口の中がネバネバする
③食べ物がつまる
※①・②・③全て代表的です。


すぐに①~③の症状が出る訳でなく、長い年月をかけてなっていきます。

この写真のように歯の隙間を治す治療をするためには、かぶせ物を入れるのですがその前に解決する事があります。

第1ステップとして
④:予防プログラムで①、②、③をストップさせる。
⑤:歯周ポケットの改善のためレーザー治療を行う

⑥:毎月のごとの歯周ポケット内の洗浄・殺菌

第2ステップとして
⑦:元の位置に戻す(この場合は簡単な矯正)
⑧:④の自宅での実践と⑥の継続実施

第3ステップとして
⑨:最終的な歯が完成!


  • 第223回 治療とは「困っているというマイナス」⇒「大丈夫というゼロ」になることなのです!

    2015年1月16日UP!

第223回 治療とは「困っているというマイナス」⇒「大丈夫というゼロ」になることなのです!


(患者さんの声)

フロスは毎日、仕事で夜出来なければ朝か昼に行う。
常に欠かさない。
やらないと気持ち悪いのです。
治療をしてもらってから、歯はとても調子がいいので嬉しいです。
初診時(H24.9.18)に困っていたことは、左上奥歯ですが
1)ザラつき、
2)物がすぐに詰まっていた。よく血が出た。
⇒治療後 物が詰まることなく教えてもらったフロスを始めたら血が出なくなった。
フロスは、母親がやっていたので使っていたが、 正しい使い方を教えてもらってから 口の中が変わった。


私:長島のコメント
皆さんがこのようになってくれれば丸くおさまります(^_^;)

医療者側の正しい情報提供によって
患者さんの口の中がいい方向に変わったので(成功体験)が
非常に大きいです。


  • 第222回 アドバンスな歯周病は大変なのです。

    2015年1月9日UP!

第222回 アドバンスな歯周病は大変なのです。


色々な理由で歯周病になり、
咬むと痛い
歯が抜ける
などの歯周病症状を訴えます。

この場合はかみ合わせが原因で歯周病なります。

普通はこんな事は考えたことはなく
周病は歯磨きの仕方が悪いからと思いますね。

歯周病の治療って
歯磨きのケアだけでなく
かみ合わせの治療も大事です。


  • 第221回 やっぱり「かみ合わせのバランス」は難しいですね。

    2014年12月26日UP!

第221回 やっぱり「かみ合わせのバランス」は難しいですね。


問題点①~④はすべてかみ合わせが最大理由です

A:かみ合わせによって
1)上アゴに隆起(コブ)が出来る→歯周病との合併
2)歯が欠ける→セラミックでも
3)歯が傾いていく→歯周病の悪化

いかにこちら(医療者側)がやかましく伝えても
なかなか患者側に伝わるものではありません。

「ふ~ん、そうなの?」・・・と思われがちです。

B:かみ合わせの難しい理由は

4)かみ合わせの事は患者にも分かりにくい、
5)今まで関わってくれた先生やスタッフを信用するしかないです。


チュートリアル(解説)
長島歯科クリニック
歯周病基礎知識
1-DAYペリオシステム
Q&A歯周病の疑問
患者さんの声
ご相談はこちら